follow us in feedly

2014年10月18日、約50年ぶりの国産旅客機である三菱航空機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」のロールアウト式典が三菱重工業の小牧南工場で行われ、Ustreamで生中継されたのをご存じでしょうか?
46
土曜日の14時ということで、ご覧になれなかった方も多かったのでは?
ですが、この動画、まだ録画で見ることができるんです!


どんな式典だったの?
三菱航空機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」のロールアウト式典Ustream動画、録画で見る場合には以下からどうぞ!

Broadcast live streaming video on Ustream

和太鼓が響く中、厳粛なムードで進む式典。いかにも国産旅客機って感じで嬉しいですね。
50

そして向きを変えて正面からの絵。カッチョ良いです。
21

そして式典会場に入ってくるMRJ。美しい。
33

ところでMRJってどんな旅客機なの?

MRJは、プロペラ機「YS―11」以来、約50年ぶりの国産機で、開発費は1800億円です。
2017年の商用化を目指して開発を進めています。機体の一部に炭素繊維を採用し、軽量化を実現しているほか、最新技術を駆使した新型エンジンを搭載し、従来の同型機に比べて燃費性能が高く、騒音が小さいことなどが特徴となっているようです。

本日のロイターの記事には以下の説明があります。

プロペラ機「YS―11」以来、約50年ぶりの国産機で、来年4―6月には試験飛行を実施する予定。開発費は1800億円。
これまで再三にわたり開発計画が延期されたが、ようやく機体開発に一定のめどが立ち、節目とされる完成機の披露(ロールアウト)式典にこぎつけた。飛行試験も当初の予定から約4年遅れとなる。
MRJは米プラット・アンド・ホイットニー製の低燃費エンジンを搭載。機体の一部には軽量な複合材を使用し、最先端の空力技術を駆使して優れた経済性や低騒音を実現した。天井も高く、広くて快適な客室も特徴となっている。
小型ジェット機市場は今後20年間で5000機超が見込まれる中、三菱航空機はその半分のシェア、2500機の販売を目指している。同市場では、ブラジルのエンブラエル(EMBR3.SA: 株価, 企業情報, レポート)、カナダのボンバルディア(BBDb.TO: 株価, 企業情報, レポート)の2強がほぼ独占しているが、MRJは新技術で差別化を図り、さらなる受注獲得を目指す。 
ANAが25機(確定受注は15機)、米スカイウエストは200機(同100機)などから受注を得ているほか、直近では8月に日本航空(JAL)が32機すべての購入を決めた。現在のMRJの受注総数は計407機(オプション184機含む)となっている。

実際にANAに卸されて乗れるようになるのは2017年とのことで、まだしばらくありますが、50年ぶりの国産旅客機、嬉しいですね!
就航が待ち遠しいですね!

関連記事:こちらもどうぞ!
ANA機体メンテナンスセンターでボーイング787見学してきた!-犯人はヤス
【暇つぶしに最適】深夜の羽田空港国際線ターミナルのススメ-犯人はヤス